タケザワではじゃかご等の各種金網・外構製品の製造及び販売をしています。
株式会社タケザワ ホーム 会社案内 製品案内 アクセス お問い合わせ
製品案内
 
ひし形金網
エンドレスに広げられる用途の豊富な金網です。
網目をひし形に編んだ最も一般的な金網です。
エンドレスに作ることができ、柔軟性に富んでいてフェンス、バックネットや工業・農林水産業・畜産業の施設、また、法面工事の下地材などにひろく活用されています。
使用する線材は鉄線のほか、ステンレス線、銅線、アルミ合金線などがあり、被覆材として亜鉛めっき鉄線アルミ被覆鋼線、各種樹脂被膜鋼線、着色塗装線などがあります。
 
主な用途
一般フェンス、人止め柵、防球ネット、養殖用網、落下防止柵、落下防護網、法面下地材、網コンベア、各種かご等
形状及び各部の名称 施工例
 
 
 
じゃかご
じゃかごの用途は河川関係では護岸工、根固め工、暗渠、すり付け工など、また治山、砂防関係では土留工、擁壁工、地すべり防止工、谷止や堰堤などの分野に広く用いられています。
円筒形じゃかご
円筒形のかごで通常、「蛇籠」とよばれています。法覆工、水制工、水路工事等に広く使用されています。
 
形状及び各部の名称 部品
円筒形じゃかご1本につき、次の部品が必要です。A胴網:1本、Bふた:2枚、C丸輪:胴網の長さ1m毎に1個(例、5mのときは4個)、D詰め石穴閉じ線。
なお、JIS合格品には1包装毎に荷札又は銘板でJISマークを表示してあります。
 
パネル式角形じゃかご
従来の角形じゃかごは畳んである網を拡げ、幾つかの枠を組立、網と連結し、小さな入り口から石を詰めるといったものでした。
しかし、「パネル式角形じゃかご」はそれぞれの手間を大幅に簡素化しました。
現場での作業は本体パネルと側面パネルを結合して石詰後、上蓋パネルを本体に結合して完成です。専用のコイルを使用しますので、とても簡単です。
 
製品展開図 製品画像
 
パネル式二重網用角形じゃかご
パネル式角形じゃかごの内側に各種内張用の網を貼りつけることにより、現場で発生した不揃いの土石類を無駄にすること無く利用することが出来ます。また、前面に張られた補強線により変形を抑え、安定性を更に向上させました。
このように経済的で施工が簡単な“パネル式二重網用角形じゃかご”は玉石や割石を使用したものに比べ緑化復旧も容易で、景観の美観を損なわない自然環境にやさしい製品です。
 
製品展開図 製品画像
 
 
かごマット
“かごマット”は連続した一体構造となるため安定性に優れています。箱となるカゴは工場で組み立てて出荷されるため、現場での作業が簡単にでき、また詰め石作業も大型作業機械等で行えますので作業効率が飛躍的に向上すると共に経済性にも優れています。
この特性から、河川等の多面積の本格的な法面護岸工事に最適な“かごマット”は、耐蝕性に優れた亜鉛に10%アルミニウムを合成させた、溶融亜鉛合金めっきを標準使用としています。また、設置環境に応じてそれ以外にもアルミニウムめっき線、極厚亜鉛めっき線、着色塗装亜鉛めっき線、合成樹脂被覆鉄線等の仕様でも製作できます。
覆式タイプ
 
設計例  
 
施工例
全体図
 
多段式タイプ
多段式タイプは急勾配の法面に使用する工法です。
 
施工例
 
 
 
Copyright © 2012 TAKEZAWA CO., LTD. All rights reserved.